入金データをインポートする

入金データのインポートは消込→入金インポートより行います。

_____________01.png

①「ファイルを選択」からインターネットバンクよりダウンロードした振込入金明細を選択します。

②「自動消込を行う」にチェックを入れると銀行振込の場合「金額、振込人名義」を照合し
 その他決済手段の場合「金額、消込キー」を照合し、それぞれが一致した請求書と入金は自動で消し込みます。
 設定によって、金額が不一致の場合でも自動消込を行うことも可能です。

③「インポート」ボタンをクリックします。

※自動消込には15分ほどお時間がかかることがあります。入金インポート履歴画面より進捗を確認できます。
※金額、振込人名義が一致した請求書が複数あった場合は「決済期限」が最も古い請求書が自動消込の対象となります。
※デフォルトでは消込ステータスが「未処理」の請求書のみ自動消込の対象となります。

 

 (手動で消しこむ)

 

<仕様>
■入力項目
  ●インポート形式
    ・全銀形式
      全銀フォーマットでのインポートになります。
      ファイルのフォーマット(インポートされる項目)は、
      入金インポート仕様.pdfの最新バージョンを参照してください。
    ・CSV形式
      CSVファイルでのインポートになります。
      ファイルのフォーマット(インポートされる項目)は、
      入金インポート(CSV形式)仕様書.pdfの最新バージョンを参照してください。
    ・CSV形式-その他
      CSVファイルでのインポートになります。
      ファイルのフォーマット(インポートされる項目)は、
      入金インポート(CSV形式-その他)仕様書.pdfの最新バージョンを参照してください。

  ●入金データファイル
    インポート形式に合致したファイルを選択します。
  ●振替
    インポート形式をCSV形式にした場合、有効になります。
    チェックした場合、仮受金としてインポートされます。
  ●振込先銀行口座
    請求元銀行口座一覧に表示されている銀行口座名が表示されます。
  ●自動消込
    チェックをした場合、金額,振込人名義が一致した請求書に対して自動で消込を行います。
    仮受金としてインポートする場合、項目が非表示になり自動消込はできません。
  ●消込ステータス=未収の請求書の自動消込
    チェックをした場合、決済期限を過ぎた請求書に対して自動消込を行います。
    仮受金としてインポートする場合、項目が非表示になり自動消込はできません。
■登録処理
  ●入金
    入金データの登録を行います。
  ■消込
    自動消込にチェックをした場合、一定期間毎(15分)に消込処理が行われます。