コンビニ払込票 サンプルデータ作成手順

コンビニ払込票を実際にご利用いただく前に、
下記のようなコンビニ払込票のサンプルデータを一度作成していただきます。

サンプルデータを作成し、ご利用企業様から確認報告をいただき次第、
払込票の作成システムをテストモードから本番モードへ移行します。
__________2018-07-06_12_04_31.png

■サンプルデータ作成手順
<1:請求元の設定>
コンビニ払込票(ハガキ)案内文出力パターン
[設定]→[請求元設定]から設定を行います。 __________2018-07-06_12.16.00.png

「商品名+金額」を選択すると、以下のようにコンビニ払込票(ハガキ)に請求明細が記載されます。
出力は最大10行です。それ以降の明細は10行目に「その他」としてまとめて出力されます。
商品名は最大15文字です。文字数がそれ以上ある場合は、15文字以降はカットされます。

__________2018-07-06_12_04_31.png


<2:サンプル請求先と決済手段の登録>
[メニュー] → [請求先] → [請求先登録]より請求先の情報を登録します。
請求先の登録方法の詳細に関しては、こちらをご確認ください。
※入力するデータは適当なもので問題ありません。


【決済情報の登録】より、デフォルトの決済情報を登録する□に☑︎を入れ、
決済手段で「コンビニ払込票(ハガキ)」を選択し登録します。

<項目説明>
■決済情報コード
 決済情報を管理するための任意のコード
 ※同一請求先内では一意のコードでのみ登録可能となります。
 ※今回の登録での入力は必要ありません。

■決済情報名
 決済情報を管理するための名前です。
 決済情報選択時に表示されます。
 ※「払込票(ハガキ)」などを入力します。
__________________01.png


<3:サンプル請求情報の登録>
[メニュー] → [請求情報] → [請求情報登録]より請求情報を登録します。
請求情報の登録方法の詳細に関しては、こちらをご確認ください。
請求先はサンプルで登録した請求先を選択してください。
請求書発行日請求書送付日は登録日、本日の日付けをカレンダーより選択してください。

<支払い期限について>
請求情報登録時に指定を行います。
決済期限…払込票に表示されるお支払期限となります。
払込票有効期限…コンビニでお支払いができる期限となります。
        ※指定しない場合は決済期限と同じになります。

__.png


明細情報を入力し「登録して一覧へ」をクリックし登録。



<4:サンプル請求書の発行>
[メニュー] → [請求情報] → [請求情報一覧]より請求書の手動発行処理を行います。
請求書の手動発行処理の詳細に関しては、こちらをご確認ください。


<5:営業担当へサンプル請求書の発行が完了したことを報告>
上記、請求書の発行までの作業が完了しましたら営業担当へ完了のご報告をお願い致します。
担当営業より作成されたコンビニ払込票(ハガキ)のサンプルPDFデータをご連携致します。

==========================

その他コンビニ払込票に関する説明はこちらをご確認ください。