請求情報を編集する


請求情報は、メニュー→請求情報→請求情報一覧より請求情報番号をクリックして、
請求情報編集画面にて編集することが可能です。
 ※請求タイプ、サービス提供開始日は変更できません。
 これらの変更が必要な場合は、改めて請求情報の作成をお願いいたします。
 
 
1.請求情報一覧画面から、変更したい請求情報の請求情報番号をクリックします。
_________01.png
 
2.請求情報詳細画面に遷移するので、請求情報編集ボタンをクリックします。
_________02.png
 
3.変更したい項目を変更してから更新ボタンをクリックすれば、完了となります。
_________03.png
 
 
 
■合算請求情報登録時に、請求情報を編集または停止する場合
合算請求情報登録時に請求情報を編集、停止する場合は、請求情報登録画面の右側の請求情報の一覧から行います。
 
1.請求情報登録画面右側の、請求情報の一覧から、編集または停止したい請求情報をクリックします。
2.編集ボタン(鉛筆ボタン)と停止ボタン(❌ボタン)が表示されるので、任意のボタンをクリックします。
3.編集ボタンを押した場合は、選択した請求情報の請求情報編集画面に遷移します。停止ボタンを押した場合は選択した請求情報を停止します。

<仕様>
■編集不可な項目
  以下の項目は変更できません。
  これらの変更が必要な場合は改めて請求情報の登録をお願い致します。
  ・請求先、請求先部署
  ・商品
  ・請求タイプ
  ・サービス提供開始日
  ・請求対象期間
■入力項目
  ●請求情報の有効性チェック
    請求情報を編集する際、請求情報または請求先部署が削除済の場合は、エラーとし請求先一覧に遷移します。
    下記の手順の作業を行った場合に生じます。
    1.請求情報詳細を表示する
    2.別ユーザでログインし、請求先を停止または削除する
    3.1のユーザで[請求情報編集]ボタンを押下し、請求情報編集に遷移する
  ●状態
    有効から無効に更新した場合の仕様は、「請求情報を停止する」を参照ください。
  ●請求スケジュールの計算
    ・対象期間開始日、対象期間終了日、基準月、請求書発行日、送付日、決済期限、売上計上日の算出
     加えて、コンビニ払込票(ハガキ)を利用の場合は、払込票有効期限の算出
    「請求スケジュール設定要領詳細(請求タイプ=単発)」を参照下さい。
    「請求スケジュール設定要領詳細(請求タイプ=定期定額・定期従量)」を参照下さい。
  ●サービス提供開始日
    初期値として、当日の日付が表示されます。
  ●売上計上日
    請求元の売上計上日の設定に応じて対象期間開始日または対象期間終了日が表示されます。
    「売上計上日を変更する」がOFFの場合、
       請求元の売上計上日の設定に応じて対象期間開始日または対象期間終了日が表示されます。
    「売上計上日を変更する」がONの場合、
       ドロップダウンンで日付を変更することによって売上計上日の変更が可能となります。
  ●決済情報
    選択した請求先に紐づく有効な決済情報が表示されます。
    ※有効な決済情報=無効化、削除していない決済情報
    決済情報を変更すると、決済情報の決済手段が決済手段エリアに表示されます。
  ●請求書テンプレート
    利用可能な請求書テンプレートが表示されます。
    ※請求書テンプレートは、決済手段によって異なります。
  ●請求元担当者
    有効な請求元担当者が表示されます。
    ※有効な請求元担当者=無効化、削除していない請求元担当者
    請求元担当者を変更すると、請求元担当者が所属する請求元部署が請求元部署エリアに表示されます。
■その他登録内容
  ●売上作成予定日
    売上作成予定日とは売上を作成する予定日のことで、
    売上計上日または請求書発行日の何れか早い方の日付が登録されます。
    売上作成予定日を迎えた請求情報は、
     夜間の1:00〜2:00の間に対象周期の売上データが自動的に作成されます。
    売上データ作成予定日に売上計上日が設定されていた場合
    (売上計上日が請求書発行日より前の場合)は、売上のみが作成され請求書は作成されません。
    売上作成予定日に請求書発行日が設定されていた場合(売上計上日が請求書発行日より後の場合)は、
     売上、請求書が作成されます。
    なお、売上作成予定日は、請求情報作成時に決定する為
    請求情報登録後に請求元の売上計上日オプションを変更しても売上作成予定日には反映されませんので
    請求元の売上計上日オプションを運用中に変更する際は注意が必要です。
  ●承認タスク
    請求情報編集が承認対象となっている場合、承認タスクを作成し、
    承認完了後に請求情報に反映します。