送信元メールアドレス変更オプション ご利用開始までの流れ

本記事は「送信元メールアドレス変更オプション」をお申し込みいただいた企業様向けのヘルプページとなります。

送信元メールアドレス変更オプションご利用にあたって、開始までの流れをまとめた資料になります。
データにつきましては添付のPDFデータをダウンロードし参照ください。

_____________.PNG

■ DNSレコードを設定せず、送信元メールアドレスを変更する場合について

弊社が作成するDNSレコードには、メール配信サービスの仕様上、必ずアンダーバーが入る仕様となっております。
利用企業のメールサーバによっては、アンダーバーを許容しない場合がございます。

※ドメインは自社ドメインである必要がございます。(フリーメールは利用不可)

弊社が作成するDNSレコードのうち、CNAMEレコード3つを設定いただくようお願いいたします。
併せてDMARCメール認証が有効になっていることをご確認いただくようお願いいたします。

DNSレコードのうちのTXTレコードは、DMARCメール認証用の設定の一例です。
実際に設定する内容は貴社にてご確認いただきますようお願いいたします。

特に送信元メールアドレスにサブドメインを設定する場合は、その親ドメインのDMARCメール認証の設定状況にもご注意ください。
DMARCメール認証の設定の不備等よる貴社エンドユーザー様へのメール不達等は弊社では保証できかねます。