アクセス制限

 

<概要>

管理画面へのアクセスできる送信元IPアドレスを設定することで、
意図しないユーザからの管理画面アクセスを防ぎ、セキュリティを強化できます。

設定→セキュリティ設定よりアクセス制限の設定が可能です。

 

①デフォルトでは「」に設定されています。

2018-08-09_11h22_42.png

②制限を付与したい場合は「一部のIPを許可する」を選択します。 

2018-08-09_11h31_10.png

 

<仕様>
■アクセス制限
  管理画面へのアクセスできる送信元IPアドレスを設定することで、
  意図しないユーザからの管理画面アクセスを防ぎ、セキュリティを強化できます。
  ●すべて許可する
   どのような送信元IPアドレスでもアクセス可能な状態です。

  ●一部のIPを許可する
   接続許可IPに登録された送信元IPアドレスでのアクセスの場合にアクセスを許可します。
   ※現在アクセスしているIPアドレスは最低限登録する必要があります。
   (間違って登録した際にアクセス不能な状態になるのを回避するため)

   ※サポート有効化によるアカウントに関してはこの制御の対象にはなりません。