【20160206】VER.1.11.1 リリースノート

リリース日:2016年2月6日

 

<機能拡張>

■売上データ追加 

 ・機能拡張:売上データを作成

  -対象期間終了日の日付で売上データの金額を基に請求書を発行します。
   本機能により従来の請求書発行フローが、請求情報→売上データ→請求書発行に変更されます。
   ※売上データ作成後、売上データ編集を行う場合は請求情報ではなく売上データ自体を編集する必要があります。
   ※請求情報APIに関しては請求情報編集を行うと併せて売上データも編集されるため、APIを利用した
    内容編集作業に影響はありません。
   ※売上データは請求書発行日まで編集可能です。

 

■請求情報一覧に残り繰返回数を表示   

 ・拡張機能:請求情報一覧に残り繰返回数を表示

  -請求情報一覧に定期定額・定期従量の残り繰返回数を表示します。


■請求情報エクスポート項目の追加   

 ・拡張機能:残りの繰返回数と請求金額の項目を追加

  -定期定額・定期従量の残りの繰返回数と請求金額の項目が
   請求情報エクスポートに追加されます。


■入金データ作成対象の追加

 ・機能拡張:入金データ作成対象にその他口座振替を追加

  -その他口座振替の入金データを請求書データと消込むことが可能です。


■手動消込画面に請求書番号表示

 ・機能拡張:手動消込画面の請求書データ内に請求書番号を表示

  -手動消込画面の請求書データ内に請求書番号を表示します。
   さらに請求書番号をクリックすることで請求書詳細を確認可能です。

 

<仕様変更>

■催促・振込期限通知メール送信ロジック変更

 ・変更内容:催促・振込期限通知メール送信の送信対象変更

  -請求書ステータス「確認済み」を催促・振込期限通知メール送信対象から除外します。
 

■請求書データの仕様変更

 ・変更内容:請求書発行時点の請求書記載情報を維持

  -請求書発行後に請求先情報、請求元設定を変更しても請求書の情報は変更されません。
   ※ロゴと印影に関しては請求情報登録時点の内容が反映されます。