請求書を一括で再発行する

請求書情報を一部変更して一括で請求書を再発行することができます。

未収の請求書を決済情報や決済期限を変更して再請求する場合などに利用します。

メニュー→集計→請求結果一覧より再発行が可能です。

①再発行したい請求書を複数選択します。

②再発行をクリックします。

____________01.png

 

一括再発行モダールが表示されます。

③請求書情報を変更する場合は、変更したい項目をクリックして内容を変更します。
 変更なしを選択するとそれぞれ元の請求書の項目を引き継ぎます。

④再発行をクリックします。

____________02.png

⑤一括再発行が完了します。

____________03.png

⑤´請求書の再発行が失敗した場合、エラー内容を確認することが可能です。

 ①「エラー内容ダウンロード」をクリック
 ②該当の請求書番号やエラー内容、該当URLが確認できます。

____________04.png

<決済情報の新規一括登録> 
一括再発行の請求書情報を変更する際、
変更したい項目として「決済手段」をクリックし内容を変更した場合、
選択した決済手段が決済情報として登録されていない場合は、
決済情報を一括で登録し再発行処理を行うことが可能です。

____________05.png

■一括登録可能決済手段
 ・銀行振込
 ・バンクチェック
 ・バーチャル口座
 ・コンビニ払込票

 

<仕様>
■再発行不可の請求書
 ・承認中(請求書編集、請求書メール送付、請求書郵送、請求書メール+郵送)の請求書
 ・すでに消し込まれている場合(一部でも不可)、以下のエラーメッセージを表示する。
 ・合計請求書
 ・請求先、請求先部署、決済情報が無効もしくは削除されている請求書
■再発行画面
 各項目で「変更なし」にチェックを入れた場合、再発行するとそれぞれ元の請求書の情報を反映します
 下記の項目が変更可能です。
  ・通信欄
  ・請求書発行日
  ・請求書送付日
  ・決済情報
  ・請求方法
  ・請求書テンプレート
  ・メモ
 ●入力項目
  ・決済情報
    請求先に紐づく有効で削除されていない決済情報が表示されます。
  ・請求書テンプレート
    利用可能な請求書テンプレートが表示されます。
    ※請求書テンプレートは、決済手段によって異なります。

■無効化処理
 再発行される元になった請求書は無効に更新されます。
 売上は無効に更新されません。
 再発行により無効化された請求書は有効に戻すことができません。
 ※決済手段がRP口座振替の場合は、
  RP口座振替の請求情報変更APIを実行して口座振替決済を停止中にします。
  (請求データ送信日以降に停止にしても引き落としが行われますので、お気をつけください。)
 ※決済手段がコンビニ払込票(形式は問わず)の場合は、
  払込票送付停止APIを実行して払込票の送付を停止します。
  (翌日6:00以降は払込票の送付依頼が完了してしまうため送付は停止されません)