【20160807】VER.1.12.1~1.12.3 リリースノート(機能拡張・機能追加)

■売上計上日選択

概要:売上計上のタイミングを対象期間提供日か対象期間提供終了日の
   どちらのタイミングで行うか、ご選択が可能でございます。
  ※デフォルトの設定では対象期間提供終了日に設定が行われております。

ご利用をお勧めする利用企業様
・単発の物販販売を行われており、対象期間提供日で役務提供が終了する利用企業様


■請求元銀行口座

概要:自社の振込口座を複数登録することが可能でございます。
  ※ご利用される場合、振込元銀行口座の登録完了後、振込元口座パターンで
   振込元口座パターンをご登録いただく必要がございます。
   
ご利用をお勧めする利用企業様
・事業部毎に振込口座を分けて利用される必要がある利用企業様


■請求元銀行口座パターン

概要:請求元銀行口座で登録された口座を基に、最大4口座情報を
   請求書に反映させることが可能でございます。

ご利用をお勧めする利用企業様
・事業部毎に振込先口座を分けて利用される必要がある利用企業様
・各行で口座を開設されており、クライアント様の振込手数料負担を軽減
 させたい利用企業様


■請求先部署の任意設定項目追加

概要:請求先部署の設定項目に「請求書発行日」「請求書送付日」「決済期限」
   「請求方法」「請求書テンプレート」の任意項目を追加し、該当項目を選択された場合、
   請求情報に該当情報が初期値として設定されます。
   
ご利用をお勧めする利用企業様
・1請求先に対して複数の請求情報を登録されており、登録内容の設定を
 減らしたいとお考えの利用企業様
・請求先毎に請求スケジュールを管理されたいとお考えの利用企業様

■商品

概要:商品登録を行い、請求情報登録時に商品を選択した場合、請求スケジュールや
   請求書明細の情報に商品に登録された情報を反映致します。
   また、集計用商品コードの設定を行うことで、請求書明細エクスポートに商品コードが
   反映され、月毎の商品売上等をご確認いただくことが可能でございます。

ご利用をお勧めする利用企業様
・商品の種類が複数あり、請求情報登録に手間が発生している利用企業様
・商品毎の売上を確認されたい利用企業様
・商品毎に請求スケジュールを管理されたいとお考えの利用企業様


■請求書同士の消込処理

概要:マイナス金額の請求書とプラス金額の請求書を手動消込から選択し、
   消込処理を行うことが可能でございます。

ご利用をお勧めする利用企業様
・売上の取消履歴を残す必要がある利用企業様


■請求先登録APIのレスポンス値追加

概要:請求先登録APIで決済手段:バンクチェックで登録処理を行われた場合、
   レスポンス値に振込先「金融機関コード」「金融機関名」「支店コード」「支店名」
   「口座種別」「口座番号」の値を返却

ご利用をお勧めする利用企業様
・連携システムでバンクチェック口座情報の反映をご希望の利用企業様