決済期限通知・催促メール自動送信

設定 → メール設定 → 決済期限通知・催促 での設定内容に応じて、
決済期限通知メールと催促メールを自動で送信することができます。

※決済期限通知・催促メールの自動送信は「銀行振込」「バンクチェック」「バーチャル口座」の
 請求のみ適応となります。
 (手動送信は決済手段にかかわらず送信可能です。)

________________01.png


①自動送信を行うか否か:ON/OFFで設定します。

②送信タイミング:日付を○日前(決済期限通知)、○日後(催促)形式で設定します。
(送信タイミングの9時ごろにメールが送信されます)

③メール件名/本文を編集することができます。

________________02.png

※メールの送信ログを残される場合は請求元設定画面にて「BCC送信先メールアドレス」を設定ください。

 

<仕様>
■催促メールの自動送付対象の請求書
 ●状態が「有効」の請求書
 ●消込ステータスが「未処理」または「未収」の請求書
 ●請求書送付日に送付日が入力されている請求書
 ●「決済期限〇日後」の当日を迎えた請求書  

■催促メール自動送付の例
 自動送信タイミング:決済期限2日後
 決済期限:2021/12/01

 催促メール自動送信日:2021/12/03
 2021/12/03に送付される催促メールの対象は、決済期限が「2020/12/01」(12/03より2日前)の
 請求書のみとなります。

 そのため、2021/11/30より前が決済期限の請求書については、決済期限の2日後(2021/12/02)は
 すでに過ぎており催促メールの自動送付は行われないため、手動で送信する必要があります。

※「決済期限〇日後」の応当日を迎えたタイミングに送付される仕組みであるため、
 2021/12/3時点で過去の日付(2021/11/30)にて決済期限を設定し発行した場合、
 発行日(2021/12/03)から2日後(2021/12/5)に送信されるものではありません。