請求情報インポート仕様書&サンプル

請求情報インポート仕様書&サンプルCSVファイルです。
本記事に添付されたファイルをダウンロードしご確認下さいませ。

<仕様>
■インポート処理
 ・請求情報番号が未指定の場合、ファイル内容をもとに新規で請求情報を登録します。
 CSVからの入力値以外に登録される項目については、
 「請求情報を登録する-■その他登録内容」と同様です。
 ・請求情報番号を指定した場合、ファイル内容をもとに既存の請求情報を更新します。
 編集不可項目については、「請求情報を編集する-■編集不可な項目」と同様です。
 ・請求情報インポート時に「請求タイプ:単発」を指定した場合、
 繰り返し回数にどのような数値を入れても1が設定・登録が行われます。

■インポート時のチェック
 以下のファイルを選択した場合、請求情報インポート画面にエラーメッセージが表示され、
 全ての請求情報の登録に失敗します。
 ・ファイルの文字コードがShift-JIS以外の場合
 ・ファイルサイズが5MBを超える場合
 ・ファイルのレコード数が10000件を超える場合
 ※2019年5月16日のリリースよりインポート上限件数が、1000件から10000件へ変更されました。

■入力チェック
 以下の場合、該当の請求情報の登録に失敗します。
 ・指定された請求情報が存在しない場合
 ・指定された請求先部署が存在しない場合
 ・指定された決済情報が存在しない場合
 ・その他「請求情報」仕様に合わない値の場合
  
 一件でも登録に失敗した場合は請求情報インポート画面に失敗件数を表示し、
 エラーファイルリストにダウンロード用のリンクを表示します。
  エラー:登録に失敗したレコードの一覧をCSVファイルで出力できます。
  ログ:登録に失敗した理由の一覧をテキストファイルで出力できます。

 ▼エラーログ文言例
 「〇行目(エラー△行目):請求先部署番号または請求先部署コードが未指定です。」
  ⇒
〇行目は1行目の項目行(ヘッダー行)を除いた行数を指します。
  △行目はCSVで出力されたエラー行数を指します。

  ※エラーファイルのダウンロード期限は30日間です。
  ※インポートエラーとなった行はスキップされ、エラーのない行のみがインポートされます。
  ※インポート形式毎のフォーマットは請求情報インポート仕様を参照下さい。