【20170903】VER.1.13.10リリースノート

〇機能拡張
CSVインポート
<入金CSVインポート機能で取込可能な日付の条件を拡張>
概要:取込可能な日付指定の条件として、yyyy/m/dを追加


自動消込条件
<手数料自動消込機能>
概要:入金額と請求金額に差分が発生した際に、事前に請求先部署に登録された
   「手数料自動消込許容金額」内に差分が収まった場合、入金と請求書レコードの消込と
   差分を手数料として自動で消し込む機能を追加

API
<売上消込結果参照APIにレスポンス追加>
概要:売上消込結果参照APIに以下のレスポンス項目を追加
  ・次回対象期間開始日
  ・次回対象期間終了日
  ・次回売上計上日
  ・次回請求書送付日
  ・次回決済期限日
  ・次回払込票有効期限日
  ・次回売上データ作成日


〇仕様変更
メール送信文面
<改行区切り>
概要:メール文面内の改行について、enterキーのクリックのみで、
   改行が行えるよう仕様変更

CSVインポート
<CSVインポート処理の非同期化>
概要:以下のCSVインポート機能をリアルタイム処理から非同期処理に仕様変更
  ・請求先インポート
  ・請求情報インポート
  ・商品インポート

タスク通知
<文言変更>
概要:「郵送忘れ」のタスク通知を「郵送注文忘れ」に変更

定期従量
<数値リセット対象の変更>
概要:請求タイプが定期従量の場合、売上データ作成、または請求書レコード作成後、
   単価の数値が0にリセットされないよう仕様変更

検索条件
<請求情報一覧と請求書一覧内での請求先コードの検索条件を変更>
概要:請求情報一覧、並びに、請求書一覧内の請求先コード検索条件を
   全文一致から、部分一致に変更