請求管理ロボ公開APIの概要

はじめに

「請求管理ロボ公開API」は(以下ロボAPI)、請求管理ロボのデータを活用したシステム拡張が必要なデベロッパー向けのオプションサービスになります。
こちらのドキュメントは請求管理ロボから解放されているAPIを連携するのに必要なリクエスト情報とレスポンス情報についてその仕様が記載されています。

必要となる事前知識

「ロボAPI」をご利用いただくにあたり以下の事前知識が必要となります。
・Webサービスを構成する仕組みに関する知識
・HTML,JavascriptなどAPIを操作するのに必要な言語の知識
・GET、POSTなどのHTTPメソッドに関する知識
・FORM形式、JSON形式の違いに関する知識

APIが利用できるプログラミング言語

すべての言語でご利用頂けます。

ロボAPIでご利用頂けるAPI

API仕様書をご確認ください。

APIの仕様公開・仕様変更の方針

請求管理ロボでは、毎週木曜日にリリースを行い、サービスを更新しています。
それに伴い、新規のAPI、既存のAPIの修正なども同様のタイミングで行います。
請求管理ロボ本体の機能自体の拡張に関して、APIが利用できなくなることはありません。
しかし現状ではAPI自体の拡張や移行などで、現行のAPIのサポートが切れる可能性はあります。
その場合はご利用企業ご担当者様とのご相談の上、十分な移行期間を設けたうえで改修とさせていただく方針となっております。

 

API仕様書&シーケンス図